韓国語学習

【その2】ハングルは難しくない。のんびりと韓国語勉強しましょう。

韓国語を理解するのにハングルの文字が見慣れなくて勉強する最初の一歩が出にくい人が多いと思います。

ハングルはひらがなカタカナ漢字のある日本語に比べたらはるかに文字数が少なくて簡単で、仕組さえ覚えたらほとんど読めるようになります。

やる気さえ出せば必ず読めるようになるのでゆっくりで良いので勉強しましょう。

前回はこちら

前回はㅏ ㅣ ㅜ ㅔ ㅗの5つだけやりました。

それぞれ日本語のア イ ウ エ オの母音に該当しますが、今回は子音を少し覚えてみます。

まずは1つだけ覚えましょう。

スポンサーリンク

この は日本語のカ行に該当する子音です。

前回ア イ ウ エ オを学んだのでそちらと組み合わせてみます。

組み合わせるときの大事なポイントは、横長の母音には左に、縦長の母音には上に組み合わせます。

横長の母音は 

縦長の母音はㅏ ㅣ 

です。

ㅏ ㅣ ㅜ ㅔ ㅗに組み合わせてみます。

ㄱをㅏの左に組み合わせて (カ)

ㄱをㅣの左に組み合わせて (キ)

ㄱをㅜの上に組み合わせて (ク)

ㄱをㅔの左に組み合わせて (ケ)

ㄱをㅗの上に組み合わせて (コ)

これで日本語のカ行ができました。

とりあえずここまでです。

簡単なのでのんびりやりましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
KOREALTURE